光コラボレーション

公式では教えてくれない!So-net光の工事内容と工事費無料のカラクリとは!

投稿日:05/02/2019 更新日:


So-net光プラスの工事費用無料

(この記事は年日付に更新しました)

So-net光では常に初期工事費用が実質無料というキャンペーンを実施していますが、その「カラクリには注意が必要」です。

ここでは公式サイトに記載されていないことや分かりづらいことをお伝えしますので、必ず事前に確認しておきましょう。

So-net光で回線工事が必要な条件とは

まずSo-net光は光コラボレーションになりますので新規契約以外に「転用」という契約方法もあります。

契約する方法により工事が必要な場合工事なしで済む場合があり、その基準はフレッツ光から乗り換えるかどうかで決まります。

So-net光の工事が必要な場合

・工事あり / 現在ネットを利用していない
・工事あり / フレッツ光回線以外のネットを契約中
・工事なし / フレッツ光を利用中

つまり、So-net光は「フレッツ光からの乗り換え以外は必ず工事が必要」になります。

既にフレッツ光を利用しているのであれば転用乗り換えにより「工事なく自動切り替え」出来ます。

では、それ以外の場合にかかる工事費用や工事内容を見ていきましょう。

So-net光の戸建て・マンション・賃貸アパートべつ工事内容

戸建て・マンション・賃貸アパートでSo-net光を契約するときの工事内容と工事費用をまとめました。

前述した通り既にフレッツ光を利用中の方は該当しません。

戸建てタイプの方

回線工事 必要
配線接続作業 必要
工事費用 24,000円
管理会社の許可 借家は必要

戸建ての場合は必ず工事が必要になり「24,000円発生」します。

工事内容は外の電信柱から外壁まで光ファイバーを引き込みエアコンダクトや電話ジャックから宅内へと引き込みます。

光配線をエアコンダクトから通す

基本的に壁に穴を空けたり傷は付けませんが、電信柱からエアコンダクトの距離が遠く届かない場合は壁に穴を空ける場合もあります。

穴のサイズは10mm程とかなり小さいですが、借家の場合は大家さんもしくは管理会社の許可が必要になります。

マンションタイプの方

回線工事 不要
配線接続作業 必要
工事費用 24,000円
管理会社の許可 不要

マンションタイプで契約する場合は建物に「フレッツ光マンションプラン」が導入されていれば工事は必要ありません。

もちろん管理会社や大家さんの許可も必要ありません。

So-net光は光コラボレーションになりフレッツ光回線を利用しているため、マンションタイプであれば工事が必要ないのです。

しかし、部屋の中に「光コンセント」がなければ工事ではなく「光ファイバーの配線接続作業」が必要なため業者が訪れ部屋の中と建物の外の線を切り替えます。

光コンセント

工事はないですが、配線接続の立ち合いが必要になります。

もし、光コンセントがあればSo-netからモデムが送られてきますので、自分で接続するだけでインターネットが使えます。

光コンセントがあっても工事費用は24,000円

以前までは部屋の中に光コンセントがあれば工事不要で料金も2,000円で済んでいましたが、2018年7月からは光コンセントの有無関係なしに一律24,000円が発生するようになりました。

とは言え、工事費用は実質無料ですので心配ありません。

賃貸アパートやマンションの1.2階でファミリータイプを導入する方

回線工事 必要
配線接続作業 必要
工事費用 24,000円
管理会社の許可 必要

賃貸アパートや2,3階建てのマンションでファミリープランを導入する方は「戸建てタイプ同じ」になります。

※集合住宅でフレッツ光のマンションタイプが導入されていない建物です。

工事費用も24,000円になり回線工事がありますので管理会社や大家さんの許可も必要になります。

ごく稀に賃貸アパートでもフレッツ光マンションプランが導入されている場合もありますが、非常に珍しいです。

戸建てタイプと同じくエアコンダクトや電話ジャックから引き込めば穴あけ工事なしで済みますので、許可も取りやすいでしょう。

注意せよ!So-net光の工事費無料はカラクリあり!

So-net光の工事費用無料キャンペーンは年中実施されていますが、その仕組みを説明します。

工事費用が実質無料のカラクリ

2018年7月以降の申し込みは戸建て・マンション・賃貸アパートでも一律24,000円が発生するようになりましたが「工事費割引」が適応されて実質無料になります。

しかし、戸建てタイプとマンションタイプでは割引金額と適応金額が違いますので注意が必要です。

また、工事費は「分割払い」のみになります。

戸建てタイプの工事費割引

400円工事費請求 60回払い
400円工事費割引 60ヵ月間適応

毎月400円の工事費が請求されますが、同額の割引が60ヵ月間続きます。

毎月プラスマイナスでゼロになりますので実質無料という言い方をしていますが、実際は60ヵ月(5年)利用してようやく無料になります。

60ヵ月とはかなり長いと言えますね。。。

つまり「工事費用を無料にするのでその変わり長く使ってくださいね!」っということです。

マンションタイプの工事費割引

500円工事費請求 48回払い
500円工事費割引 48ヵ月間適応

マンションタイプの場合は毎月500円の工事費が請求され、同額500円割引が48ヵ月(4年)続きます。

戸建てタイプより1年早く工事費無料になりますが、それでも48ヵ月は長いように思います。

途中で解約すると工事費残債が一括払いになる

戸建ては60ヵ月間、マンションは48ヵ月間以内に解約をすれば残りの工事費残債が解約違約金と共に請求されます。

例えば戸建てタイプの工事費残債は「60ヵ月-利用期間×400円」になります。

この金額がSo-net光の解約違約金20,000円と合わせて請求されます。

このことを知っていないと解約した際の費用がとんでもなく高額になります。

※2018年7月以前に契約した方は解約違約金7,500円になります。

工事時間の指定は別途料金が発生する

基本的にSo-net光の工事時間は9:00~17:00の間ですが指定ができません。

工事日の1日をまるまる空けておかなければいけなく日中忙しくて工事時間をどうしても指定したい場合は別途料金が発生します。

西日本エリアの場合

・土日祝の休日手数料 / 3,000円
・時間指定 / 別途11,000円
・17:00以降の特別枠指定 / 別途20,000円

東日本エリアの場合

・土日祝の休日手数料 / 3,000円
・時間指定 / 別途11,000円
・17:00以降の特別枠指定 / 別途18,000円

その他にも、建物の配線が破損している場合や配管などに不具合があれば別途工事が発生することもあります。

その場合は事前に料金の提示がありますので、別途料金次第で判断しましょう。

もちろん、この段階でキャンセルをしてもキャンセル代金は発生しません。

工事費用が安くて実質無料の光コラボはコレだ!

最後に工事費用が安くて実質無料になる光コラボレーションをピックアップしました。

もちろん、So-net光でも工事費用は実質無料ですので問題ありませんが「最大60ヵ月(5年)」の継続利用に自信がない方もいるでしょう。

そこで工事費が安く実質無料になる期間が短い光コラボを厳選しました。

業界最安値の@nifty光コラボ

6月以降のnifty光キャンペーン情報

おすすめのポイント

auスマートバリューを適応できる@nifty光(ニフティ)は月額料金が業界最安値ということで非常に人気な光コラボです。

「IPv6接続」に対応しているため高速インターネットになり、プロバイダーは@niftyが無料でついています。

工事費用は?

・戸建てタイプ / 18,000円
・マンションタイプ / 15,000円

3年割という割引の適応で工事費用も実質無料になります。

実質無料になるまでの利用期間は「30ヵ月(2年半)」とごく一般的です。

実施中のキャンペーン情報

現在、nifty光の公式サイトでは30,000円キャッシュバックキャンペーンを実施しております。

知名度抜群のソフトバンク光コラボ

ソフトバンク光の公式サイト

おすすめのポイント

ソフトバンクのスマホが割引になる「おうち割」を適応できるソフトバンク光は実は光コラボレーションになります。

非常に有名な光回線だけあってキャンペーンも凄く充実しています。

工事費用は?

・戸建てタイプ / 24,000円
・マンションタイプ / 24,000円

工事費用はSo-net光と同様で戸建て・マンションともに一律24,000円になります。

しかし、実質無料になるまでの利用期間は短く「24ヵ月(2年)」利用すれば工事費無料になります。

実施中のキャンペーン情報

現金がもらえるキャッシュバックキャンペーンを実施しており、受け取り時期も最短2ヵ月後と非常に早いです。

・新規契約 / 35,000円
・転用乗り換え / 10,000円

その他にも解約違約金を最大10万円まで補てんしてくれる乗り換えキャンペーンや月額割引もあり、さすがソフトバンクと言える豪華キャンペーンがあります。

-光コラボレーション
-

イメージ 光コラボレーション比較ランキング

~ 毎月更新 ~
9月のキャッシュバック表
So-net光 最大57,600円
WiMAX 最大35,000円
ビッグローブ光 最大35,000円
NURO光 最大35,000円
ソフトバンク光 最大35,000円
ドコモ光 最大15,000円
OCN光 最大10,000円
~ ネットの選びかた ~

月額料金で選ぶ回線速度で選ぶスマホ割で選ぶ

当サイトの管理人

YUIKA(ゆいか)
私は今年(2019年4月)で通信業界に勤めて10年目になります。
光回線やWiMAXの販売経験を活かし、今ではカスタマーサポートに勤務しています。
営業する立場からサポートする立場になり、日々お客さまへ最適なアドバイスをしています。
そんな経験を活かし複雑なネット契約を分かりやすく説明できればと思います。

運営者情報

新着コラム