光コラボレーション

知らないと損!So-net光の引っ越し手続きは完全NG!移転時は注意だらけ

投稿日:04/30/2019 更新日:


So-net光プラスの引っ越し方法

(この記事は年日付に更新しました)

光コラボの引っ越しに関しての問い合わせは非常に多いです。

普段からカスタマーサポートにもよく電話が鳴ります。

そこで、ここではSo-net光を引っ越し先でも使いたい場合の手続き方法や発生する費用をお伝えします。

また、現在宅内にあるモデム(無線LAN)は返却しなくてはいけないのか?

など引っ越しに伴う注意点とよくある質問にもお答えしていますので事前に確認しておきましょう!

So-net光を引っ越し先で継続する方法

まずはSo-net光を引っ越し先でも継続利用するための手続きを確認しましょう。

手順1、サポートセンターに移転手続きの連絡をする

まずは電話にて移転手続きの連絡をします。

So-netのマイページからでも引っ越し手続きは出来ますが、電話の方が簡単ですし何より引っ越し先でもSo-net光が使えるかをエリア判定しなければいけません。

サポートセンターに連絡をして「移転手続きをお願いします」と伝えると、まずはエリア判定をしてくれます。

So-net光の移転手続き窓口

・電話番号:0120-80-7761
・受付時間:9:00~18:00

手順2、無線(Wi-Fi)ルーターやONUモデムの返却

サポート窓口に連絡すると現在(引っ越し前)の家に「機器返却伝票」が届きますのでONUモデムという機械を返却しなければなりません。

その際に無線LANルーターをレンタルしている場合は合わせて返却が必要です。

返却ボックスが届く

ソネットから返却ボックスが送られてきますので、その中に無線ルーターを入れて「機器返却伝票」を張り付ければ大丈夫です。

※返却ボックスと言っても折り畳みの紙箱になり、送料は不要です。

手順3、So-net光の工事日調整を行う

まず重要なことは引っ越し先で継続利用する場合でも、再度工事が必要になり工事費用が発生するということです。

引っ越しの場合、解約金は一切かかりませんが「新居での回線工事費用は必ず発生」します。

そして、初回工事費用はどのエリアに引っ越しするかで決まります。

引っ越し先の工事費用はエリア別

NTT回線の提供エリア

※NTTは一般的な東日本と西日本の区別とは異なりますので注意しましょう。

NTT西日本 → 西日本 9,000円
NTT東日本 → 東日本 9,000円
NTT西日本 → 東日本 24,000円
NTT東日本 → 西日本 24,000円

つまり、同じエリア内であれば回線工事費用は9,000円で済みます。

しかし「東西をまたぐと完全に初期工事費用」が発生するのです。

実はNTTは西日本と東日本で提供元が別々になるからです。

そのため解約違約金は発生しませんが初回工事費用は発生します。

工事日調整の流れ

【手順1】でサポートセンターに連絡をすれば後日So-netの担当から工事日調整の連絡が入りますので日程調節を行います。

※平均的に「10日前後」で工事日調整の連絡が入ります。

手順4、当日の立ち合いをすれば工事完了

最後は工事日当日に立ち合いをして引っ越し手続き完了です。

しかし、手続き自体は非常に簡単ですが「引っ越し手続きには注意点」もあります。

危険!So-net光の引っ越しは注意だらけ!

ここからはSo-net光の引っ越しに伴う注意事項とよくある質問をお伝えします。

1.回線撤去費用が発生する可能性がある

現在利用しているSo-net光の回線を撤去しなければいけない可能性があります。

主に「アパートや賃貸の戸建てで契約していた場合」になり、管理会社もしくは大家さんから言われるケースがほとんどです。

特に何も言われなければ問題ありませんが、もし撤去依頼をされた場合は平均15,000円程の回線撤去費用が発生します。

マンションタイプは問題ない

マンションタイプで利用の方でもサポートセンターからは「撤去費用が発生する可能性があるので担当が伺います」と言われます。

しかし、あくまでマニュアル通りの説明で発生する可能性は極めて低いです。

2.光テレビと固定電話はエリアをまたぐと解約になる

NTT西日本と東日本のエリアをまたぐ引っ越しは「今利用している光TVと固定電話は一旦解約」になります。

ですので、工事日調整をする際に再度固定電話やテレビの申し込みをしていなければ引っ越し先で使えません。

そもそも地域が変わると電話番号が変わるので問題ありませんが、地デジ視聴であったり海外のドラマや映画を録画している方は見れなくなります。

当然、録画している番組も引き継げず消えてしまいますので注意しましょう。

3.引っ越し月の月額料金は日割り計算になる

引っ越しをした月の月額料金は日割り計算になり「新居での初月利用料金は無料」になります。

日割り計算はオプション以外

注意点としては月額基本料金が日割り計算になり、かスペルスキーやテレビなどのオプションサービスは満額計算になります。

4.ソネットのプロバイダーはそのまま継続になる

So-net光の回線自体は工事が必要ですが「プロバイダー自体はそのまま継続」になります。

そもそもプロバイダーは目に見えるものでなくネット上の権限のようなものですので、全国どこに引っ越しをしても継続できます。

プロバイダーに関してはNTT西日本とNTT東日本のエリアは関係ありません。

プロバイダーの継続方法

引っ越し先で回線工事が完了すれば、So-netのIDやパスワードを再度打ち込めばインターネットが使えます。

ですので、間違えて解約しないようにしましょう!

5.auスマートバリューは手続きが必要になる

auスマートバリュー

So-net光はauスマホがお得になる「auスマートバリュー」「auセット割」があります。

この2つの適応条件はスマホの契約先住所とSo-net光の契約先住所が同じであることですので、引っ越し後に住所変更をしなくてはいけません。

肝心の割引金額は「リセットされず引き続き同額」になります。

auスマートバリューをリセットする裏ワザ!

実は「auスマートバリューの割引金額をリセット」して再度満額から適応できる方法があります。

後ほどリセットして利用できる光コラボをお伝えしていますので、確認してみてください。

So-net光を引っ越し先でも利用するのは100%損する!

ここまでSo-net光の引っ越し手続きをお伝えしましたが「デメリットの方が遥かに大きい」です。

引っ越し手続きをするデメリット

・auとのセット割引は再度申請が必要
・auとのセット割引額は引き続き同じ
・回線工事費用は必ず発生する

唯一のメリットとしては「解約違約金が発生しない」ことぐらいでしょう。

ですので、引っ越しを機に別の光回線に乗り換えた方がお得になります。

そうすることで再度auスマートバリューもリセットし適応できる光コラボがあります。

そこで最後に「So-net光の解約金も0円」になり「新規工事費用も発生しない」おすすめの光コラボレーションをピックアップしました。

是非、参考にしてみてください!

(年日付時点)

おすすめ1.知名度抜群のビッグローブ光コラボ

ビッグローブ光

おすすめのポイント

auスマートバリューとauセット割のどちらも適応できるBIGLOBE光(ビッグローブ)は非常に知名度も高く人気です。

高速インターネットである「IPv6接続」に対応しており、プロバイダーはBIGLOBEが無料でついています。

※auスマートバリューとauセット割はどちらか1つのみ選択できます。

実施中のキャンペーン情報

ビッグローブ光の代理店NEXT

現金がもらえるキャッシュバックキャンペーンを実施しており、受け取り時期も最短2ヵ月後と非常に早いです。

・新規契約 / 35,000円
・転用乗り換え / 10,000円
・初期工事費用が実質無料

おすすめ2.業界最安値の@nifty光コラボ

6月以降のnifty光キャンペーン情報

おすすめのポイント

auスマートバリューも再度適応でき、月額料金が業界最安値ということで有名な「@nifty光」です。

また、回線速度も「IPv6接続」に対応しているため高速インターネットになり、プロバイダーは@niftyが無料でついています。

実施中のキャンペーン情報

現金がもらえるキャッシュバックキャンペーンを実施しており、受け取り時期も最短2ヵ月後と非常に早いです。

・新規契約 / 30,000円
・初期工事費用が実質無料

まとめ

以上、So-net光の引っ越しについてをまとめました。

ハッキリ言って引っ越し手続きはまったくおすすめしません。

お得になる光コラボは沢山ありますので、新生活で少しでもお得にインターネット契約をしましょう。

-光コラボレーション
-

イメージ 光コラボレーション比較ランキング

~ 毎月更新 ~
9月のキャッシュバック表
So-net光 最大57,600円
WiMAX 最大35,000円
ビッグローブ光 最大35,000円
NURO光 最大35,000円
ソフトバンク光 最大35,000円
ドコモ光 最大15,000円
OCN光 最大10,000円
~ ネットの選びかた ~

月額料金で選ぶ回線速度で選ぶスマホ割で選ぶ

当サイトの管理人

YUIKA(ゆいか)
私は今年(2019年4月)で通信業界に勤めて10年目になります。
光回線やWiMAXの販売経験を活かし、今ではカスタマーサポートに勤務しています。
営業する立場からサポートする立場になり、日々お客さまへ最適なアドバイスをしています。
そんな経験を活かし複雑なネット契約を分かりやすく説明できればと思います。

運営者情報

新着コラム