光コラボレーション

【私の本音】So-net光プラスがauひかりよりもスゴイ全理由《完全比較》

更新日:


So-net光プラスとauひかりの比較

So-net光とauひかりは「全く別のサービス」になりますが、表記がややこしく「So-net光(auひかり)」と記載されています。

また、auスマホ割があるので内容がイマイチわからないお客様からのお問い合わせも多いです。

そこで、この記事では「So-net光×au」についてわかりやすく説明いたします。

ズバリ!auひかりよりもSo-net光プラスが確実におすすめ

比較した結果

まず結論から言えばauひかりとSo-net光プラスでは確実にSo-net光プラスの方がおすすめです。

料金やサービス内容では、auひかりよりもすべての項目においてSo-net光プラスの方が優秀です。

2018年7月以前はauひかりの方がお得でしたが、So-net光プラスとしてサービス内容が大幅に変わってから圧倒的な差が生まれました。

よくauスマホがあるなら「auひかり」と記載しているサイトを見かけますが、メリットが1つもありません。

おそらくあまり詳しくない方が紹介しているのでしょう。。。

auスマホを利用していても断然So-net光プラスがおすすめです。

では、その理由を見ていきましょう。

※「auひかり」と「So-net光(auひかり)」は表記の違いだけでまったく同じサービスですが「auひかり」と「So-net光プラス」はまったく別のサービスになります。
※So-net光コラボレーションは2018年7月より、名称をSo-net光プラスに変更しました。

So-net光プラスがauひかりよりもお得な7つの理由

7つのお得な理由

「auひかり」と「So-net光プラス」はどちらがいいのか?という質問がよくあります。

前述のとおり、So-net光プラスの方が確実にお得です。

1.月額料金
2.工事費用
3.回線速度
4.セキュリティーソフト
5.スマホ割
6.提供エリア
7.キャンペーン内容

この7つの項目を比較しました。

比較1.月額料金

建物種別 So-net光プラス auひかり
戸建て 月額3,980円 月額5,100円
マンション 月額2,980円 月額3,800円

So-net光プラスの方が1,000円ほど月額料金が安いです。

auひかりは毎年100円ずつ月額料金が下がり3年目以降は4,900円で利用できますが、それでも月額1,000円以上の差があります。

比較2.初期工事費用と事務手数料

初期工事費 So-net光プラス auひかり
戸建て 24,000円 37,500円
マンション 24,000円 30,000円

初期工事費は戸建てとマンションの両方でSo-net光プラスの方が安いです。

So-net光は工事費割引で無料になり負担することはありません。

しかし、auひかりは「固定電話」の申し込みがなければ工事費は実質無料になりません。

電話とネットの両方を契約した方だけが工事費無料になりますので注意しましょう。

事務手数料の比較

So-net光プラス auひかり
事務手数料 3,000円 3,000円

事務手数料はどちらも同じく3,000円ですが、工事費に関して必ず契約前に知っておかなければならない【注意事項】があります。

【注意事項】
auひかりの戸建てタイプは解約時に回線撤去費用28,800円が必須になります。

このことを契約時に知らない方がとても多く、解約時にトラブルが発生しています。

更新月以外は9,500円の解約金がありますので、合わせて38,300円の解約費用が発生することになります。

私がauひかりをおすすめしない1番の理由と言ってもいいでしょう。

比較3.回線速度

So-net光プラス auひかり
戸建て 最大1G 最大1G・5G・10G
マンション 最大1G 最大1G

So-net光プラスは最大1Gになりますが、auひかりは最大10Gまでのプランを選ぶことができます。

しかし、ハッキリ言って一般家庭のインターネット使用量であれば最大5Gや最大10Gは必要ありません。

So-net光プラスの高速プラン

So-net光プラスは「速度が遅い」という口コミをよく見かけますが、これは古い情報になります。

実は2018年7月より高速インターネットプランの「IPv6」が無料で利用できるようになっています。

IPv6接続

このことを知らずにプラン変更していない方が非常に多いです。

高速の「IPv6プラン」は無料ですので必ずプラン変更しましょう。

※IPv6に関して詳しくはこちらのSo-net光プラスの速度が遅いのはIPv6接続で解決!をご覧ください。

比較4.セキュリテーソフトが無料

セキュリティーソフトのS-SAFE

So-net光プラス auひかり
S-SAFEが永年無料 カスペルスキーが24ヵ月無料

どちらもセキュリティーソフトが無料ですが無料期間に差があります。

auひかりは24ヵ月間無料ですがSo-net光プラスは永年無料です。

こういう小さな部分でもSo-net光プラスは優秀ですね。

比較5.auスマホ割

auスマートバリュー

auスマホが割引になる「auスマートバリュー」は両サービスで適応可能です。

また「auセット割」という割引プランもありましたが、現在では終了しております。

比較6.提供エリア

So-net光プラス auひかり
全国エリア(フレッツ光と同じ) 全国エリア(近畿地方はエリアが狭い)

提供エリアはどちらも全国になります。

So-net光プラスは光コラボレーションなのでフレッツ光回線を利用しているため、提供エリアは全国区と広いです。

一方でauひかりは全国区ですが、近畿地方はマンションタイプのみの提供とエリア規制がされておりSo-net光プラスよりは狭くなります。

これは同じKDDI傘下であるオプテージ(旧:ケイオプティコム)eo光とバッティングしないためでしょう。

比較7.キャンペーン内容

7つ目の比較はとても重要なキャンペーンの比較です。

So-net光プラス ※1 auひかり
戸建て 最大81,600円 最大52,000円
マンション 最大78,000円 最大40,000円

※1)月額割引キャンペーンと工事費無料の合計金額

キャンペーン金額は戸建て・マンション共にSo-net光プラスの方が高額です。

また、auひかりは固定電話の加入がなければ12,000円もキャッシュバック金額が下がってしまいます。

キャンペーン金額にしても圧勝です。

※光回線のキャンペーン比較を詳しく知りたい方はこちらの光コラボのキャンペーン比較!高額キャッシュバック一覧表!をご覧ください。毎月のキャンペーン内容をしっかり調査しています。

初心者でもわかる!So-net光(auひかり)とは

So-net光とauのサービス紹介

So-netとauがコラボしているサービスは複数あり、表記の仕方がとても分かりづらいです。

冒頭でお伝えしたように「So-net光(auひかり)」と記載されているサービスはKDDIが提供している「auひかり」と同じです。

では、まずSo-netが販売しているインターネットサービスを見てみましょう。

So-netが提供しているサービス

1.So-net(プロバイダーのみ)
2.So-net光プラス(光コラボ)
3.So-net光(auひかり)
4.So-net光(コミュファ光)
5.NURO光 by So-net

主にこの5つの光回線を販売しています。

こんなにも多いと、ごちゃごちゃになるのも無理はありません。

一言で違いを言えば「各光回線のプロバイダーにSo-netがセット付いているだけ」です。

では、それぞれをわかりやすく見ていきましょう。

1.So-net(プロバイダーのみ)

もともとSo-netはプロバイダー会社になり、業界でも最大手になります。

フレッツ光回線を利用している方に向けSo-netのプロバイダーを販売しています。

プロバイダーとは?

プロバイダーはインターネットをするために必要な契約になります。

イメージで言うと以下になります。

・iPhoneなどのスマホ本体 = 光回線
・ドコモ、auなどのキャリア = プロバイダー

スマホ本体だけを持っていても、ドコモやauなどと契約しなければ圏外のままでネットに繋がらないのと同じです。

光回線だけ工事をしてもプロバイダー契約(月額1,200円弱)がなければインターネットができません。

有名なプロバイダー会社

・Yahoo! BB
・OCN
・BIGLOBE
・@nifty
・エディオン
・楽天
・So-net

など、全部で数百社ありSo-netも老舗プロバイダー会社として非常に有名です。

2.So-net光プラス(光コラボ)

So-net光プラスのオリジナル画像

フレッツ光と各プロバイダー会社がセットになった「光コラボレーションモデル」ですが、So-netでも提供しています。

それがSo-net光プラスです。

フレッツ光回線を利用したSo-net光プラスでは前述したプロバイダーのSo-netが無料で付いおり、その分月額料金も安くなっています。

3.So-net光(auひかり)

auひかりのオリジナル画像

非常に紛らわしいサービス名のため「2」番のSo-net光コラボレーションと同じサービスだと勘違いしてしまいます。

しかし、このサービスはKDDIが提供している「auひかり」回線になり、まったく別の光回線です。

では、なぜこのようなサービス名にしているのかと言うとSo-net自体もauひかりを販売しているからです。

中身は同じでも販売元が変わればサービス名称が違うということですね。

もし、auショップなどでau自体が販売している場合はサービス提供元がKDDIになるので「auひかり」になります。

4.So-net光(コミュファ光)

コミュファ光のオリジナル画像

こちらも仕組みは「3」番と同じです。

コミュファ光は中部地方限定の光回線ですが、プロバイダーにSo-netが付いており自社でも販売しているので「So-net光(コミュファ光)」というサービス名称になるだけです。

中身はコミュファ光とまったく同じです。

5.NURO光 by So-net

NURO光のオリジナル画像

So-net光プラス以外はすべて「他社企業の商品を借りて販売」していましたが、So-net自身が開発した独自回線が「NURO光」になります。

世界最速インターネットとして人気ですが、ようやくSo-netが開発した自社の光回線が販売できるようになったのです。

以上がサービス名称に「So-net」とつく光回線になります。

結論!auひかりよりもSo-net光プラスの方が絶対にいい!

結論

auひかりとSo-net光プラスを比較しましたが、どの項目を見ても確実にSo-net光プラスの方が優秀です。

2018年7月以前はauひかりの方がお得でしたが、So-net光プラスとしてサービス内容が大幅に変わってから圧倒的な差が生まれました。

今から申し込むなら確実にSo-net光プラスの方がいいでしょう。

こちらの全6社の代理店!So-net光プラスのキャンペーン比較も合わせて確認してみてください。

-光コラボレーション
-

イメージ 光コラボレーション比較ランキング

~ 毎月更新 ~
11月のキャッシュバック表
So-net光 最大81,600円
ビッグローブ光 最大56,000円
WiMAX 最大34,800円
NURO光 最大35,000円
ソフトバンク光 最大33,000円
ドコモ光 最大20,000円
OCN光 最大10,000円
~ ネットの選びかた ~

月額料金で選ぶ回線速度で選ぶスマホ割で選ぶ

当サイトの管理人

YUIKA(ゆいか)
私は今年(2019年4月)で通信業界に勤めて10年目になります。

光回線やWiMAXの販売経験を活かし、今ではカスタマーサポートに勤務しています。

営業する立場からサポートする立場になり、日々お客さまへ最適なアドバイスをしています。

そんな経験を活かし複雑なネット契約を分かりやすく説明できればと思います。

運営者情報

新着コラム

イメージ 光コラボレーション キャンペーン比較