ポケットWiFi

【違反行為】ソフトバンクエアーを持ち運び自宅以外で使うと強制解約になる!

投稿日:


ソフトバンクエアーの持ち運び

(この記事は年日付に更新しました)

ソフトバンクエアーは手軽で人気ですが、気になるのが「自宅以外でも持ち運び利用できるのか?」です。

コンセントに挿せればどこでも利用ができると思う方も多いですが、実際のところはどうなのでしょうか。

今回はソフトバンクエアーを自宅以外で使えるのかをまとめてみましたので是非、参考にしてみてください。

※移転する場合はこちらのソフトバンクエアーは引っ越し先で住所変更しないと罰金をご覧ください。

ズバリ!ソフトバンクエアーは持ち運び利用できるが違反行為になる

結論からお伝えすると、ソフトバンクエアーは「コンセントに挿せる場所なら持ち運び利用が可能」です。

しかし、重要なのは「契約住所以外で利用すると契約違反になり罰則がある」ことです。

要するに利用はできるが違反になるということですね。

では、ソフトバンクエアーでは実際にどんな罰則がありどのようにしてバレるのかをお伝えします。

なぜ持ち運び利用ができるのか

ソフトバンクエアーの電波受信

ソフトバンクエアーはスマホやポケットWi-Fiなどのように電波を利用してネットへ接続します。

そのため電波が受信できるエリア内であればどこでも利用することはできます。

ただし、WiMAXのように充電ができる持ち歩き型ではありません。

エアー端末には充電バッテリーが搭載されていませんので、コンセントに挿せることが条件になります。

車のシガーソケットをコンセントの差し込み口に変換できる「カーインバーター」を購入すればソフトバンクエアーを自宅以外で利用することは物理上、可能になります。

カーインバーター
《見本:カーインバーター》

なぜバレる?自宅以外では電波が安定しない

ソフトバンクエアーは電波が飛び交うエリア内であれば外でも利用することは可能ですが「契約先住所へ向けて電波を飛ばします」ので通信環境としては悪くなります。

車などで利用する場合はエアー端末の位置が移動するためインターネット環境は安定しづらいです。

それでも長距離トラックの運転手が車内で利用したり、キャンプ場にエアー端末を持ち運んで利用したりする方もいます。

しかし、ソフトバンクは契約先住所以外での利用を認めていません。

なぜバレる?バレるまでの期間は?

また、持ち運び利用していることがバレる理由は「基地局から契約先住所に電波を発信しても応答がなくエラーになる」からです。

ソフトバンクエアーの電波受信エラー

バレる時期も人それぞれです。

1週間でバレる方もいれば半年以上も利用できている方もいます。

ですので、バレるタイミングとしては本当に運次第です。

では、契約先住所以外で利用するとどうなるのでしょうか。

ソフトバンクにバレると契約違反になり強制解約

ソフトバンクエアーを持ち運び使い続けると契約違反となり「強制解約」になります。

もちろん、突然解約になるのではなく以下のような流れがあります。

契約解除になるまでの流れ

1.ソフトバンク社から警告メールが届く
2.無視すると警告のハガキが届く
3.それでも無視すると強制解約

という流れになります。

つまり、バレてからすぐに住所変更さえすれば強制解約は免れるということです。

しかし、違反にはなりますので出来るだけ先に住所変更はしておきましょう。

強制解約になると解約金が発生する

上記の警告を無視し続けた場合には、強制解約になり解約金も発生します。

1.9,500円の解約金
2.端末を購入にしている場合は端末残債分
3.端末の未返却時は弁償代が発生

ソフトバンクエアーは24ヵ月間の自動更新になり更新月以外での解約は9,500円の解約金が発生します。

強制解約になった場合はこの解約金も当然かかります。

また、エアー端末自体をレンタルでなく「購入」にしている場合は端末残金が一括払いで請求されます。

36ヵ月以内に強制解約になった場合は「36ヵ月 – 利用月数 × 1,500円」を支払うことになるのです。

もし購入でなく「レンタル」にしていた場合は発生しませんが、端末を返却しない場合は弁償代が請求されます。

未返却の弁償代

Airターミナル 23,000円
Airターミナル 2/3/4 33,000円
故障や破損の修理費用 16,000円

強制解約になったからと言って最後に放置し端末を返却しなければ大きな金額を支払うことになるので注意しましょう。

なぜソフトバンクエアーを持ち運び利用してはいけないのか?

ソフトバンクエアーは電波を利用するため電波のエリア内であればどこでも利用ができます。

しかし、日本には「電波法」という通信電波の法律があります。

エアー端末が発する電波に理由がある

ソフトバンクエアーが利用する電波には「2.4GHz帯」「5GHz帯」の2種類があります。

電波の違い

2.4GHz帯 電波範囲が広く速度はふつう
5GHz帯 電波範囲が狭いが速度が速い

簡単に言うとこのような違いがあります

電子レンジなどの電化製品は「2.4GHz帯域」の電波が使われています。

そのため電子レンジの近くにエアー端末を置くのは電波が混雑し速度が低下する原因になります。

一方で「5GHz帯域」比較的は新しい電波になります。

電化製品やその他であまり利用されておらず、航空無線・気象衛星・GPSの衛星・自衛隊のレーダーなどに多く利用されています。

速度は速いのですが、航空無線など重要な電波にどのような影響を及ぼすか未だ不明な部分があるため屋外での使用が禁止されています。

ですので、電波法によりソフトバンクエアーは「屋内のみでの使用」に限定されているのです。

こうした理由で「5GHz帯域」を利用するソフトバンクエアーは自宅以外で使ってはいけないのです。

ソフトバンクエアーの速度が遅いときは電波を切り替えろ

電波の種類についてお伝えしましたが、ソフトバンクエアーの速度が遅いときに「電波を切り替えることがとても有効な対処法」です。

夜になると繋がらなくてイライラする!と不満がある方もこちらの『繋がらない!ソフトバンクエアーを速くする方法』は必見です。

-ポケットWiFi
-

イメージ 光コラボレーション比較ランキング

~ 毎月更新 ~
9月のキャッシュバック表
So-net光 最大57,600円
WiMAX 最大35,000円
ビッグローブ光 最大35,000円
NURO光 最大35,000円
ソフトバンク光 最大35,000円
ドコモ光 最大15,000円
OCN光 最大10,000円
~ ネットの選びかた ~

月額料金で選ぶ回線速度で選ぶスマホ割で選ぶ

当サイトの管理人

YUIKA(ゆいか)
私は今年(2019年4月)で通信業界に勤めて10年目になります。
光回線やWiMAXの販売経験を活かし、今ではカスタマーサポートに勤務しています。
営業する立場からサポートする立場になり、日々お客さまへ最適なアドバイスをしています。
そんな経験を活かし複雑なネット契約を分かりやすく説明できればと思います。

運営者情報

新着コラム