ポケットWiFi

【注意】auスマートポートのエリア検索方法と失敗を防ぐためのコツ!

投稿日:09/03/2019 更新日:


auスマートポートのエリア検索方法

(この記事は年日付に更新しました)

auスマートポートのエリア検索をするときに「たった1つの対策」をするだけで契約後のトラブルが防げます。

それは必ず「15日間のWiMAX無料お試し」をすることです。

実はエリア確認で問題がなかったとしても、実際の宅内環境や周辺のビル、高層マンションによって大きく変化します。

今回はauスマートポートのエリア検索手順と失敗を回避する方法をまとめました。

※契約後にキャンセルする方が増えています。
auスマートポートの評判も事前に確認しておきましょう。

auスマートポートのエリア検索手順と電波の違い!

auスマートポートのエリア検索はUQコミュニケーションズの エリア確認ページ で簡単に確認できます。

では、検索手順を見ていきましょう。

※手順はスマホ版とパソコン版でそれぞれ説明いたします。

【PC版】手順1.ピンポイントエリア判定を選択

パソコン版のWiMAXのエリア検索画面。手順01

左の「ピンポイントエリア判定」を選択して「WiMAX2+」を選びます。

ここで重要なのは右側の「サービスエリアマップ」ではなく必ず左側の「ピンポイントエリア判定」で調べることです。

サービスエリアマップでは範囲と結果がザックリし過ぎているので、あまり参考にならないからです。

また、利用する電波は「WiMAX2+」になり、この3つ(WiMAX・WiMAX2+・LTE)の違いは後ほどお伝えしていきます。

【PC版】手順2.住所を入力する

パソコン版のWiMAXのエリア検索画面。手順02

次に手打ちで住所を入力することも出来ますし、下の都道府県から選ぶこともできます。

最後まで入力すれば上部にエリア判定結果が表示されます。

【PC版】手順3.判定結果を確認する

パソコン版のWiMAXのエリア検索画面。手順03

判定結果は全部で4種類あり「○」が出れば問題ありません。

【スマホ版】手順1.ピンポイントエリア判定を選択

スマホ版のWiMAXのエリア検索画面。手順01

スマホ版は少し下にスクロールして「住所からピンポイント判定」を選択します。

【スマホ版】手順2.住所を入力する

スマホ版のWiMAXのエリア検索画面。手順02

次に手打ちで住所を入力することも出来ますし「住所リスト」から探すこともできます。

最後まで記入すればエリア判定結果が表示されます。

【スマホ版】手順3.判定結果を確認する

スマホ版のWiMAXのエリア検索画面。手順03

判定結果は全部で4種類あります。

「○」が出れば問題ないのですが、それ以外の場合はどうなのか詳しく見ていきましょう。

WiMAX・WiMAX2+・LTE電波の違いとは

エリア検索するときに3つの電波を選べますが、真ん中の「WiMAX2+」だけで十分です。

3つの電波の違いとは

・WiMAX 現在受付終了)
・WiMAX2+
・LTE (au 4G LTE)

少し前までは「WiMAX」という電波をメインに利用していたのですが、利用者数が増えたことによって現在では新しい「WiMAX2+」の電波をメインに利用しています。

通信速度も向上し、比較的新しい電波ということですね。

※WiMAXが2020年3月末に終了という報道がありましたが、旧電波が終了するだけで新電波のWiMAX2+になるだけです。

「au 4G LTE」はWiMAX2+とは別のKDDIの電波になり、この電波がエリア内であるメリットは以下です。

「au 4G LTE」が使えるメリットは?

auスマートポートでは「ハイスピードプラスエリアモード」というモードに切り替えることができます。

WiMAX2+が圏外の場所でもLTE電波がエリア内であればインターネットが繋がります。

au4GLTE通信

しかし、一度でも使うと月額1,000円かかりますし月間7Gの速度制限もあるのでオススメしません。

メインである「WiMAX2+はエリア外だが、au 4G LTEが使えるのでWiMAXを契約する!」なんてことは絶対に避けるべきです。

あくまでメインの電波はWiMAX2+です。

auスマートポートのエリア判定結果はどれが良い?

判定結果は以下の4つです。

エリア判定の結果は4種類ある

・「○」
・「○~△」
・「△」
・「× 圏外」

では、それぞれ見ていきましょう。

判定結果「○」の場合は問題なし

まず「○」が出た方は、問題なく利用可能になります。

しかし、失敗しないために注意が必要です!

そのままauスマートポートで申し込むことも可能ですが、おすすめしません。

何故なら「auスマートポートはキャンペーンを一切行っていない」からです。

また、エリア検索したUQコミュニケーションズで契約することもお得ではありません。

本来「無料」のWiMAX端末代金も2,800円かかりキャンペーンは10,000円しかないからです。

現時点で1番お得な窓口

(年日付時点)

後ほど、詳しくお伝えしますが現在GMOとくとくBBの公式サイトがもっともお得に始められます。

受付窓口は様々ありますが、au公式サイトのようにキャンペーンすらない窓口も沢山ありますので注意しましょう。

キャンペーンについては後半で詳しくお伝えしています。

判定結果「○~△」と「△」は一旦ストップ!

次に「○~△」と「△」が出た場合ですが、一番ハッキリしないのがこの結果です。

「実際の環境で使ってみないと問題なく繋がるか分からない」や「ネットが繋がっても通信速度は遅いかもしれない、、、」

というのが、この判定結果です。

この判定結果は無料お試しするべき

実際に契約してから使えなかったという事態を防ぐためにも、ますは「WiMAX15日間の無料お試し – Try WiMAX」を利用しましょう。

Try WiMAXを利用すれば配送料、月額料金、事務手数料など費用は一切必要なくWiMAXを無料お試しできます。

WiMAXの15日間お試しコース

実際の環境で利用してから、問題なくインターネットが使えるのであれば契約しましょう。

判定結果「× 圏外」は利用できない!

残念ながら「×」や「圏外」が出た方はauスマートポート・WiMAXを利用することはできません。

しかし、自宅で工事不要のインターネットが使い方には「ソフトバンクエアー」をおすすめします。

auスマートポートとソフトバンクエアーの機器本体

auスマートポートと同じく「工事不要のインターネット使い放題」です。

WiMAXとは別の電波を利用しているので、ソフトバンクエアーなら使えるかもしれません。

Try WiMAX – 無料お試しの注意点

「Try WiMAX」では登録料、月額料金、レンタル料、配送費用などの費用が一切かからず15日間も利用できます。

しかし、無料お試しするにあたって2点だけ注意点があります。

Try WiMAXの注意事項!

お試しできる機器

・無料期間終了後、返却しなければ罰金
・クレジットカード登録が必須

レンタルできる端末は開封済みの言わば中古品ですので、15日の無料期間が過ぎると「本契約するにしてもキャンセルするにしても一旦返却」しなければなりません。

期間を過ぎても返却されない場合は「違約金10,000円」がクレジットカードから引き落とされますので注意しましょう。

また、無料お試しに限ったことではありませんが「auスマートポート」は基本的にクレジット決済が条件です。

ですので「Try WiMAX」でもクレジット決済の登録が必要になります。

auスマートポート(WiMAX)を1番お得に始める方法

auスマートポートを契約する前に知っておくべきこと「重要なこと」があります。

auスマートポートの重要なこと

重要な事とは「auスマートポート」とWiMAXの「Speed Wi-Fi HOME」同じ商品と言うことです。

これは非常に重要なことになります。

auスマートポートの機器本体

衝撃!どこの窓口で契約しても商品が同じ!

元々WiMAXの販売元はUQコミュニケーションズになります。

そして、グループ会社でもあるauに販売権を与えた事によって「auショップでもWiMAXが契約できる」のです。

au以外にもBIGLOBEや@nifty、GMOとくとくBB、ビックカメラやエディオンなどの家電量販店にも販売権を与えているため契約できる窓口は非常に多いです。

しかし、商品自体は全て同じ「Speed Wi-Fi HOME シリーズ」になり「名前だけがauスマートポートになる」のです!

auスマートポートとWiMAXの関係図

つまり「同じ商品を契約するのにもらえるキャンペーンが違う」ということです。

結論!WiMAXで申し込むのが1番お得になる

au公式サイトではキャンペーンを行っていません!

auスマートポート(WiMAX)は様々な受付窓口で申し込めますが、その中でもGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンが現在もっともお得に始められます。

業界大手で知名度抜群のGMOはWiMAXの販売実績も非常に多くキャンペーンも高額です。

-ポケットWiFi
-

イメージ 光コラボレーション比較ランキング

~ 毎月更新 ~
9月のキャッシュバック表
So-net光 最大57,600円
WiMAX 最大35,000円
ビッグローブ光 最大35,000円
NURO光 最大35,000円
ソフトバンク光 最大35,000円
ドコモ光 最大15,000円
OCN光 最大10,000円
~ ネットの選びかた ~

月額料金で選ぶ回線速度で選ぶスマホ割で選ぶ

当サイトの管理人

YUIKA(ゆいか)
私は今年(2019年4月)で通信業界に勤めて10年目になります。
光回線やWiMAXの販売経験を活かし、今ではカスタマーサポートに勤務しています。
営業する立場からサポートする立場になり、日々お客さまへ最適なアドバイスをしています。
そんな経験を活かし複雑なネット契約を分かりやすく説明できればと思います。

運営者情報

新着コラム